女性に多いメニエール病とは|不調改善ホスピタルでラク改善

医者

取り戻す手術

乳がん手術で失った乳房を取り戻すことができます。

看護師

乳がん手術をする時に気になるのが乳房の有無です。乳がん手術により完全に乳房が無くなってしまった場合、そのことによるメンタル面でのダメージも少なくないことが予想されます。そこで手術を受ける際には、乳房再建術を受けるかどうかを患者さん側で選択することができます。乳房再建術には乳がん手術と同時に行われるものと、乳がん手術後しばらく経ってから行われるものとがあります。また使用する素材も人工物か、あるいは自分の身体の一部から皮膚や筋肉・脂肪などの自家組織を移植する方法、さらに人工物と自家組織を併用する方法とがあります。ちなみに乳房再建術は形成外科医により施術されることが一般的で、担当の形成外科医が患者さんと入念に相談してアドバイスをしたり提案をしたりします。そして最良の方法で乳房再建術が施術されることになるのです。

乳房再建術の費用について。

ところで乳房再建術を受ける時に気になるのが施術費用です。以前は健康保険適用外とされていましたが、2013年7月に一部の人工物による乳房再建術は健康保険の適用対象になりました。人工物の健康保険適用対象は、一部のティッシュ・エキスパンダーとシリコンインプラントによる施術方法です。ちなみに自家組織による施術方法の場合は健康保険適用外の上に、人工物による施術よりも費用がかかります。ところで健康保険を適用してからの乳房再建術の費用は、ティッシュ・エキスパンダーの場合は10万円から20万円位、シリコンインプラントの場合は約30万円位が一般的です。手術時間は大体30分から1〜2時間位で済み、入院期間は約1週間程度です。ただ症状や状態が比較的軽い場合は日帰り手術も可能です。しかしたとえ健康保険適用対象や適用対象外であっても、患者さんの体質に合った施術方法がありますので、患者さんに最も適した乳房再建術を受けることが一番大切なことはいうまでもありません。