女性に多いメニエール病とは|不調改善ホスピタルでラク改善

医者

すい臓がんについて

すい臓のがんとは

医者

すい臓がんとは、すい臓にできる腫瘍が悪性の状態のことをいいます。 すい臓がんは、日本にはさまざまながんがありますが、そのがんの死因の中でも男性が5位、女性が6位ととても高い傾向にあります。 また、60歳以上の高齢者の男性にも高い傾向になっています。 すい臓は、体の中でもとても大切な役割があります。 場所は、体の中の胃の裏側あたりにあり、十二指腸と引っ付いています。 すい臓がんの初期発見は、初期の段階の症状はあまり見られることが無いため、発見が遅れる場合が多いというのが現状でした。 しかし、現在の医療で2cm以内の小さながんも見つけることができるようになってきました。 すい臓がんの主な原因で多いのは、肥満や喫煙、糖尿病などです。

すい臓がんの転移について

すい臓がんは、比較的他のがんよりもがん細胞が転移する可能性が高い傾向にあります。 転移しやすい部位は、肝臓、腹膜、肺などの臓器です。 特に肝臓の転移が多く、すい臓にあるすい管と肝臓にある胆管が繋がっている為、この管を通って転移する場合があるからです。 すい臓がんになった場合、がんの標準治療とされている外科手術、放射線による療法、化学療法などの治療を受けることになります。 また、すい臓がんの予防として、野菜やくだものなどを積極的に摂取することによりすい臓がんになるリスクを低減させることが研究によりわかりました。 この研究はカリフォルニアで行われたものです。 特にくだものの中でも柑橘系のくだものが効果が高く、予防の効果があります。