女性に多いメニエール病とは|不調改善ホスピタルでラク改善

医者

睡眠時に呼吸していますか

医者

睡眠時の10秒以上気流がストップすることを一般的には無呼吸と呼びます。この無呼吸が7時間の睡眠を取った際に30回以上、または1時間あたりで5回以上起こることを睡眠時無呼吸といいます。これは一種の病気であり、この症状を睡眠時無呼吸症候群といいます。睡眠時無呼吸症候群は自覚症状がないというよりも、睡眠時に自分が無呼吸の状態になっているかどうかの判断をすることが難しいので発見することが遅れてしまうことが多い病気です。そのため、国の統計で出ている、睡眠時無呼吸症候群の患者の数よりも潜在患者の数を含めると、その数はさらに増加すると考えられます。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠の質が下がってしまい、起きて活動を行なっている身体に多くの影響を与えてしまいます。睡眠は本来、疲労した脳や身体を休めるために行なうものです。睡眠中に無呼吸の状態が何度も続くことによって、体内に酸素が上手く運ばれず、心拍数は上がり、脳も身体も無意識のうちに覚醒した状態になります。覚醒状態が続くことで十分な休息を取ることが出来ず、活動時に眠気や倦怠感を引き起こしてしまいます。

睡眠時無呼吸症候群が発覚するきっかけのほとんどは、家族や周囲の人間に気付いてもらって、自覚することが多いです。家族や周囲の人が睡眠時無呼吸症候群でないか確認して上げることが、早期発見の一番の方法です。それと合わせて、セルフチェックも行なうことで、早めに症状を見つけることにも繋がります。セルフチェックのポイントとしては、寝ている時にむせたり、呼吸の乱れを感じたり、息苦しさを感じたり、寝汗をかくなどの症状に覚えがある人は疑ってみてもいいでしょう。また、起きた時のセルフチェックとしては、口内の乾燥、頭痛、睡眠不足感、身体のだるさなどです。寝ている時と起きた時のセルフチェックに当てはまっている項目が多い人は、一度専門医の診断を受けておくと安心です。